通販ショッピングが止まらない!  今回はウッドカッター他です

2018年の中国の再生可能エネルギーの比率は、26.7%
特に太陽光発電は、2011年に米国を抜いて世界1位だそうです
Cut2021_0108_1304_31.jpg 
特筆すべきは、こう言ったデータの基礎となるメガソーラーだけでなく、各家庭での100Wクラスの
ソーラーパネル設置がとても多いことです
日本の家庭用ソーラーパネルのように、屋根全体を使うのではなくベランダや庭の一角に
小さなソーラーパネルを設置して、補助電源にしているそうです ・・・・ つまり、我が家と一緒だ~!
(我家の場合は補助電源と言うよりも、非常電源になりますが、 ・・・・)

と云う前振りを何故したのか?
いままで、懐中電灯は220Vのコンセントに差して充電するタイプでした
Cut2021_0108_1250_20.jpg 
明るさはルーメンが表示されていないので正確には分かりませんが、だいたい3WのLED電球と同じくらいです
Cut2021_0108_1249_51.jpg 
今回買ったのは、USBでチャージするカンテラ型です ・・・・ これが、なかなかの優れもの
Cut2021_0108_1249_40.jpg 
これも、50LEDと書いているだけで、ルーメン表示はありません
でも、だいたい10WのLED電球くらいの明るさがあります
Cut2021_0108_1249_28.jpg 
もちろんこれも中国製ですが、なんで220VソケットからUSBを電源とした充電式になったのか?
我家の太陽光発電システムで言うと、220Vのコンセントで懐中電灯を充電しようとすると

 ソーラーパネル ⇒ コントローラー ⇒ バッテリー ⇒ インバーター ⇒ 充電
 これを電流・電圧に直すと 直流12V ⇒ 交流220V ⇒ 直流5Vで充電
カンテラ型の充電はUSBで充電するので
 ソーラーパネル ⇒ コントローラー ⇒ USBで充電
 これを電流・電圧に直すと 直流12V ⇒ 直流5Vで充電 ・・・・ こっちが単純でしょ
インバーターを通すと、10%くらいの電力ロスも生じてしまいます


つまり、我が家のように100Wクラスのソーラーパネルを持っていると、カンテラ型ライトの電気代はタダになります
このような新製品が出てくってことは、中国内で需要が生まれたからなんですね ・・・・ 納得!

ちょっと話は変わりますが、貯水槽の配管の記事を書いたとき
「もちや喜作さん」から、配管接続の漏水対策として「自己融着ブチル・テープ」が便利だよ
と、教えてもらいました
ネット通販のShopeeで検索したら、・・・・
Cut2021_0108_1245_35.jpg 
ん? 見覚えがあるぞ!
このベタベタするテープ、我が家にもあったんです (いつ、何のために買ったのか記憶がありません)
両面テープタイプだったので、階段のすべり止めの接着に使っていました
このアルミシートタイプのブチル・テープは、トタンの繋ぎにもなるそうです
Cut2021_0108_1246_08.jpg 
残りが少なくなっていたので、早速2種類を注文しました
同時に届いたのが、ウッド・カッター ・・・・ 前から欲しかったんです!
何故かと云うと、近所の大工さんと私とでは、埋めようのない技術の差があります
それは合板とかの板を、私はのこぎりで真っすぐに切れないんです ・・・・ 必ず歪んでしまいます
これさえあれば、これさえあれば、真っすぐにカットできるはず!
ついでに、床のタイルもカットできるように、ダイヤモンドカッターも注文しました
このウッドカッターですが、サイズは大小二つあります
丸いカッターの直径が17cmのプロ用、直径が11㎝のホビー用 ・・・・ 今回買ったのは、小です
Cut2021_0108_1250_06.jpg 
大工は、まずは道具だよな~!  って、一人でニンマリしています 笑
(この3点で、約2,000ペソ:4,300円)
必要だから買ったんじゃなくて、欲しくて買っただけなんですが、
これで壁面収納なんかを自作出来たら、最高ですね!

フィリピンブログ村  子育て
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございま〜す
直流Vとか交流Vとか理科の実験みたいですね〜😆

昔ウッドカッターは山谷の闇市で
1500円〜2000円位で売っていましたね😆😆😆
その他電気ドリル等の工具も安く・・・🤣🤣🤣
そうか‼︎通販ではなく闇市で工具を安く買えば・・・
でも 闇市なんてまだやっているのかなぁ😓😓😓

メイドインシナ

 おはようございます。
太陽光パネルは、大体が中華製でしょうね ⁈
仕事は粗いが、大きくやるので・・・安かろう悪かろうw
たまに使うものなら、安い中華製で良いかな? だって、ムチャ安いからw
マニラ・ビノンド地区の中華街を歩くと、「華僑の生命力」を感じますね。 喧 しい

昨年、チェンソーを買いました。 
スチールかハスクバーナか迷って、スチールにしました。 なかなか優れものでした。
これは中華製では、駄目ですね。

Re.

>冒険王さん、おはようございます
山谷と云う物価の安い地域が近くにあって良かったですね~
盗品と云う闇市でしょうが 笑
どれ位昔か分かりませんが、当時の1500円は決して安くなかったかも ・・・・
新築の家があると、大工道具が山のようにあるので
山谷の住民に狙われていたかもしれませんね 苦笑

Re.メイドインシナ

>jo59635561さん、おはようございます
たま~に、「日本製」って書いてあるパネルも出ていますが
家庭用の小さなパネルは99%中国製ですね
「日本製」は値段が3倍くらいもします
チャイナタウン、歩くだけでも楽しいですよ ・・・・ あまりにも安くて!
チェンソウは、カットしている最中にテーンが切れたらぶっ飛んで来そうで怖いです
しかもチェーン単体も良く売られているので、結構切れちゃうのかな?
それとも切れなくなって交換用でしょうか?

No title


Tomyさん・お早う御座います。

アメリカのトランプ政権が倒れ、世界中が、再生可能エネルギー時代に、
突き進みますね、化石燃料の、時代からの脱却、ガソリンエンジン車が、
消えるのは、哀しいですが、時代の変化を、草葉の影から、眺めます。(涙)
 大分通販での、購入品が、増えましたね、屋根に貼るテープ、隣の家で、
やっていたのです。あんなので、大丈夫か、疑問を抱えていましたが、
本日のブログを見て、納得しました、m(_ _)m

Re.

>ダニエルさん、おはようございます
EV車=再生可能エネルギー ・・・・ と勘違いされている方が多いんですが、本当は違うんです
排ガスが出ないので、空気汚染は減りますが
と云うのも、EV車を充電させるための電力は、まだ大半が火力発電所なのでCO2を排出します
ヨーロッパでは原子力発電所が多いですが、核廃棄物が出ます
本当のクリーンエネルギー自体を普及させないと、EV車にしただけでは解決されないんです
もっともEV車が普及しだすと、家庭用太陽光発電も今より普及しだすかもしれませんね
我家も、将来EV車になったら、たぶん本格的な太陽光パネルを設置します
でもそれまで生きてるかな? 笑

Tomyさん、こんにちは。
なるほどチャイナも意外とやるなって感じですね。こういうカンテラをいくつか用意しておけば、停電の時でも普通に部屋は明るくなりそうですね。後は耐久性がどこまであるかですが、値段的には壊れたら買い替えで問題なし?簡易ソーラーパネルとUSBカンテラは移住したら真っ先に買いたいです。そういえばシンガポールのMinisoで買った卓上ライトはUSBの充電式でした。今後はUSB充電が結構主流になるかもですね。
ウッドカッター持ってるTomyさんを想像すると、ヒロミの家具作り番組を思い出します。今度はウッドカッター作品の記事を楽しみにしてます。

危険で便利

 こんにちは
今、中華街で6Pで買ってきたサンダルを履いています。w
話のタネにと思い買ったのですが、なかなか良いですよ。

チェーンソーは危険ですから、注意深く使っています。
チェーンは外れますが、切れない?と思います。??
直ぐに木に食い込みが悪く切れなくなるので、時々やすりで研ぎます。
切れなくて嫌になると、チェーンを交換します。w

Re.

>ヌバリのバボイさん、こんにちは
最近の充電カンテラは明るくなりましたね~
以前の家庭用のは、部屋がうすぼんやり明るくなる程度でした
キャンプ用のはかなり明るいものもありましたが、値段もメチャ高かったです
充電もACアダプターを利用するものから、USBに流れが出来てきました
バッテリーからインバーターを使って220Vにするのは、220Vじゃなければ駄目なもの
だけになってきています

Re.危険で便利

>jo59635561さん、こんにちは
日本の一般家庭でチェンソウが必要なんて、どんだけ田舎暮らしなんでしょう? 笑
でもチェーンが切れることは無いと分かって、少し安心しました
まあ、我が家で木を切り倒すことは無いので、買うことは無いと思います
チェーンの刃をやすりで磨くって、なん10個もありますよね ・・・・ 大変そう!

No title

こんにちわ。
ゴルフや釣りでも形から、道具から入る人っていますからね。
道具を揃えて、さぁ実践ですね。
どんなものを作るのか費用対価は如何なものかな。
ネットショッピングは便利過ぎて買い過ぎには注意が必要です。

Re.

>もちや喜作さん、こんばんは
私もその口かも知れません
道具が増える一方ですが、フィリピン特有の理由もあります
何か頼んでも、フィリピンの大工さんはほぼ手ぶら出来ます
なので、必要な道具はこちらが用意しなければなりません
道具が揃い、やり方も分かってくると、今度は自分でやってみたくなります
力仕事の場合は、最初からお願いしますけどね 苦笑
通販ショッピングは、もうしばらく続きそうです
値段を見て、こんなに安いなら買っちゃおうか ・・・・ そんな感じです