フィリピン政府も認める、ホセ・リサールの永遠の恋人

日本とフィリピンの結びつきを調べていて、偶然行き当たった「臼井勢似子」のお話

ホセ・リサールと言えば、フィリピンの「建国の父」と呼ばれています
アメリカで言えば、リンカーンのような立場です
異なるのは、リンカーンは武力も用いましたが、ホセ・リサールは文筆だけに頼りました
人々に民族の独立心を訴えたのです
フィリピンの基本通貨である、1pesoコインに刻まれています
ここでは詳しい事は延べませんが、幼少の頃から天才と呼ばれて15か国以上の言語を習得していました
当時の占領国であるスペインから目を付けられて国外へ脱出する時に、アメリカへ向けて旅立ちましたが、日本へも2日間滞在する計画を立てました

ホセ・リサールの父は中国の血が入ったフィリピン人、母は日本の血が入ったフィリピン人でした
そのルーツとして、一度は日本を見てみたかったのだと思います
そんなリサールが1888年の来日時、滞在していたスペイン公使館の近くでよく見かける美しい女性に声をかけた
それが「おせいさん(臼井勢似子)」でした
おせいさんは元旗本の貿易商の娘で、英語とフランス語がある程度できたそうです
そして二人は恋に落ちました
二日間だけの滞在予定がいつの間にか1か月半にもおよび、歌舞伎に行ったり、日光やら箱根に行ったりなど、さまざまな日本文化に触れています
リサールは生前「おせいさん」の存在については誰にも打ち明けることが無かったため、周囲には全く知られていませんでした
リサール死後に遺品を整理していた遺族が日記の記述一枚の写真を見つけ、一躍知られるようになりました
それがこの写真

後年、この話が日本の歴史家の耳に入り、追跡調査がなされました
しかし、おせいさんもまたリサールについて生前誰にも話をしたことがなく、おまけに戦時中の戦火で身の回りのものが焼けてしまい、日本側からリサールとの関係が知られることがなかったのです
おせいさんはその後、アルフレッド・チャールトンというイギリス男性(のちに学習院大学英文科の教師)と結婚しています
それがリサールが処刑された翌年の1897年、おせいさん30歳の時のこと
つまりおせいさんはリサールが死ぬまで結婚しなかった、ということになるのです

明治という時代で30歳の結婚はかなり遅いです
良家の出身であればなおさらのことお見合いや縁談などの話はひっきりなしだったはず
リサールの処刑は日本でも新聞で報道されたため、長年結婚を踏みとどまっていたおせいさんを最終的に決断させたのはこの新聞報道だった可能性は高いはず
おせいさんは昭和22年に80歳で亡くなりましたが、生前は切手集めが趣味
その中にはフィリピンの切手も多く含まれていました
当時フィリピンで発行されていた切手のデザインにはリサールの肖像もあったのです
さて、おせいさんとアルフレッド・チャールトン氏のお墓は、サンシャイン60のすぐ近く、雑司が谷霊園にひっそりと佇んでいます
そして、なんと!、フィリピン大使館がリサールの誕生日(6月19日)には花を手向けていると言うんです!!!!!! フィリピン、見直したぞ!

リサールは、革命か恋愛か、迷った挙句、おせいさんに別れを告げて旅立ちました
日本で滞在していた東京ホテルの目の前の日比谷公園には、ホセ・リサールの胸像も建っています

リサールはスペイン、ドイツと留学を続けて、眼科医として帰国しました
その後執筆した書籍がスペイン総督府に目を付けられ、犯罪人として銃殺されました
その処刑場が、現在のリサール・パークです

最後に、ホセ・リサール死後、遺族が発見した日記への記載です(日本旅立ちの日)

日本は私を魅了してしまった。
美しい風景と、花と樹木と、そして平和で勇敢で愛嬌ある国民よ!
おせいさん  さようなら   さようなら
思えば私はこの生活をあとにして、
不安と未知に向かって旅立とうとしているのだ。
この日本で、私にたやすく
愛と尊敬の生活が出来る道が申しだされているのに。
私の青春の思い出の最後の一章をあなたにささげます。
どんな女性も、あなたのように私を愛してはくれなかった。
どの女性も、あなたのように献身的ではなかった。
もうやめよう。みんなおしまいになってしまった。
さようなら、さようなら。

よし、俺も死ぬ前に、詩の一つでも書いておこう! ・・・・・と決心した夢を見ました
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ホセ・リサールとおせいさんの話は、若かりし頃初めて訪比した時に知りました。
リサール・パークには、まだ衛兵が居るのでしょうか?
初めて見た、船上からのマニラ湾の夕日、P大学の交歓会でのバンブーダンス、夜空のサザンクロス・・・青春でした。
これが、P国狂いの原点ですね。

No title

> jo5*63*56*さん
あまり知られていない話だと思っていました
良くご存知でしたね
リサール博物館に行かれた方は、ご存知だと思います
衛兵は今もまだ居ますよ
バンブーダンスは若者向けですね、もう脚が上がりません
見た目より、相当キツイです

No title

ははは、

おせいさんですか?

私も記事にしました。

No title

> keinaさん
え、そうなの?
被って、申し訳ありませんでした
かと言って、Keinaさんの過去記事全部ひっくり返すのも大変だし・・・
でもたぶんこれが最後です

No title

明治の時代に両家の出身でありながら30歳まで、彼の処刑を知るまで独身を通した、おせいさん。青春の思い出の最後の一章を捧げたホセ・リサール、そして、そして、せいこさんの墓前にリサールの誕生日に花を手向けるというフィリピン大使館。

全てが美しく心温まるいい話です。

No title

> waikiki66さん
もしかしたら日本を発つとき、おせいさんに
「フィリピンの独立が成功したら、戻ってくる。それまで待っていて欲しい」
これくらいの話もあったかもしれないです
それも、二人だけの永遠の秘密になってしまいました
しかし、フィリピン大使館の献花は、意外でした

No title

別に 同じ 題材でも
いいんですよ?(笑)

Tomyさんとは 秋田、ラボ、建築好きなど
共通点が多いですよね?

ブログ記事も
小野田さんに......

今度は おせいさんか?
って 思いました。(笑)

No title

> keinaさんのどこに格納されているのか、見つかりません
ま、切り口が違っていればいいんですけど・・・
マラキスーソは共通じゃないんでしたっけ? 笑

No title

韓ドラ顔負けのストーリーですね。
お二人とも胸に秘めたままだったというのが切ないです。

No title

> 風のたよりさん
感情が高ぶるようなラブストーリーではありませんが、切ない恋
青春の1ページだったとしても、おせいさんは一生大切に抱えていたんでしょうね

No title

https://blogs.yahoo.co.jp/elnidojapan/4564921.html
ホセリサールとおせいさんの記事です

No title

https://blogs.yahoo.co.jp/elnidojapan/5354925.html

こちらが小野田さんの記事です

No title

> keinaさん
わざわざリンク先を探してきてもらって有り難うございました
小野田さんのは半分ぐらい被っていましたが、おせいさんのは
切り口がだいぶ異なっているので良かったです
Keinaさんのおせいさんは、私の記事中のおせいさんの写真をもとに
描いた肖像画ですね
いまは、リサール博物館に展示されています