航空自衛隊と比空軍との交流がスタート

昨日正午ごろ、先月27日から実施されている比空軍と航空自衛隊の「部隊間交流」に参加するため、
航空自衛隊が保有する戦闘機「F-15J」2機が到着しました
F-15Jは米マクドネル・ダグラス社のF-15C/Dを導入し、三菱重工業を主契約社としライセンス国産化した機種です
SnapCrab_NoName_2022-12-7_17-49-16_No-00.png
いまでも航空自衛隊はF-15Jだけで200機を保有し、主力戦闘機になっています
航続距離は4,500kmなので、日本・フィリピン間の3,040kmはかなり限界に近いですね
調べていて驚いたのは・・・・
安全保障条約を結ぶ「同盟国」は、米国だけ
円滑化協定を結ぶ「準同盟国」は、オーストラリアだけ
そして、訪問部隊の法的地位を定める円滑化協定を結んだのは、オーストラリアを除いてフィリピンが初なんですって!
フィリピンに航空自衛隊機が降り立ったのも、「戦後初」だそうです
受け入れ側のフィリピンですが、フィリピン空軍は「FA-50」戦闘機を4機派遣し、途中から合流
F-15Jに比べると、まるで空自で使っている練習機ですね
SnapCrab_NoName_2022-12-7_18-6-23_No-00.png
クラーク空軍基地上空では、併せて6機の編隊飛行を披露しました
空自第5航空団飛行群第305飛行隊の有澤章太郎隊長(2等空佐)は
「戦後初めて比に戦闘機を持ち込むという重責を成し遂げ、安心と達成感でいっぱい。
現在はインド太平洋地域で協力を促進しなければならない状況のため、相互連携、相互理解を深め、
地域の安定に貢献できれば」
と語りました
SnapCrab_NoName_2022-12-7_18-3-43_No-00.png
こちらは、F-15Jの前で記念撮影する、空自・フィリピン航空隊員の記念写真です
SnapCrab_NoName_2022-12-7_18-4-11_No-00.png
中国を刺激しないように、わざと「南シナ海」と言う言葉を挟まなかったと思いました
最後に、ASEANで初めて航空自衛隊機を受け入れてくれたフィリピンに、感謝の言葉も述べていました
日本では全くニュースに取り上げられていませんが、歴史の新たな1ページ
今後、空中空輸機C-2輸送機なども加わった訓練が始まるそうですよ
航空自衛隊は今後、F-15Jからステルス戦闘機に代替わりしていきます
なので、お古のF-15Jはフィリピン空軍に払い下げられるんじゃないか ・・・・ って想像しています


フィリピンブログ村  子育て
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

 こんばんは。
いい話ですねー。
今後もっと交流が続いて東南アジアでの協力関係が作られるといいと思います。
戦後補償の問題も今回の事も、フィリピンは日本に協力的で嬉しいです。
日本政府はもっとフィリピンに援助してあげて欲しいです。

F-15J

9月末にはドイツからユーロファイターが百里基地まで飛んできましたね。
シンガポールから百里基地まで、8時間の飛行をドイツ空軍TOPが自ら操縦してきましたね。
ユーロファイターのフェリー飛行距離は3700kmですが、空中給油しながら日本へ来ました。
この時は、空中給油機と輸送機も日本へ来ました。
ドイツからはアラブ首長国連邦に1回着陸してシンガポールへ飛びましたが、アラブでは修理作業で1機脱落しています。

F-15Jは、カタログスペックとしてのみ使われるフェリー飛行距離でも3450km。
増槽3本付けてやっと4600kmなので、平時に増槽をあちこちに落としながらの飛行は考えられないのでやはり空中給油しながらの飛行だったのかな?
これだけ飛べば、部品交換等のメンテも必要なので、やはり整備部材の輸送機も同伴かなと?思うのですがその辺の情報はありませんね?

戦闘機の長距離飛行の模索を世界が始めたのでしょうか?
空母があれば、そんな試みの必要性がないとも思うのですが?違うのかなあ?
いずれにしてもこれだけの飛行距離を飛ぶことは、機体とパイロットの技術力の証明にはなりますね。しかも2機だけ飛ばして2機とも無事成功。
航空自衛隊の皆さんご苦労様でした。

「飛行機お宅」として反応してしまいました。
失礼しました。😃😅

ポチ!7

 おはようございます。
日本の自衛隊も、米国一辺倒でなくて親日国と付き合ったら良いと思います。
 ・・・ 特亜三国は、「お こ と わ り !」
武器も米国だけに集られてなくて、安くて性能の良い物があったら、そっちで・・・
米国ともしっかりと交渉しないと、「米国のポチ」と言われますよ。
全世界的に、仲良く、したたかに、国益を求めて‼

Re.

>もちや喜作さん、おはようございます
いままで東南アジア諸国とは経済協力だけで、防衛協力はありませんでした
フィリピンは海軍も空軍も装備が足りていないので
日本の使いまわしでも良いから、協力体制を取ってほしいですね
南シナ海では、中国にやられ放題ですから

Re.F-15J

>チビさん、おはようございます
チビさんって、ミリタリーオタクだったんですか? 笑
詳しすぎる~!
戦闘機がミサイル等を積まずに飛行しても意味ないので
武器を満載して、どれくらい飛行できるかですよね、結局
車でもなんでもそうですが、フィリピン空軍には是非メンテナンスの指導からしてほしいです
空自の戦闘機の90%が稼働可と言う実績は、凄いと思います

Re.ポチ!7

>Jo59635561さん、おはようございます
政治が絡んでくると、難しいですね~
防衛装備は船や飛行機などの単体の性能ではなく
レーダーなども含めた総合力を問われるので、兵器開発国が分散されると
統合するのが大変なんじゃないかな~? 知らんけど
今流行りの、ドローン開発なんかだったら日本のお得意分野じゃないでしょうか?

おはようございます。
集合写真の左奥にアラヤット山が見えますね 戦前のクラーク基地は10本位の滑走路が有ったらしいですよ。その中の東飛行場から最初の特攻機が飛び立ちました。今で言うと高速のドロレス出入口辺りでしょうか? かなり端の滑走路ですね。

Re.

>km2cさん、こんにちは
アラヤット山ですか、分かりませんでした
クラーク空港って、そんなに大きな空港だったんですね
もっとも昔はジェット機ではないので、滑走路は短かったんでしょうが・・・・