電気メーターから家への電線交換

我が家の右隣りは弁護士さん宅ですが、更にその隣の家です
この家のオーナーはバタンガスに住んでいて、ここは別荘にしています ・・・・ 土地は800㎡
我が家と同じで、表から見ると2階建て、裏から見ると3階建てです
SnapCrab_NoName_2024-2-20_10-19-59_No-00.jpg
庭にプールとバスケットボールコートを作っていたので、ここしばらくはよく来ています
車は、ランドクルーザーです ・・・・ 約1千万円
会うといつも、「おはよ~」「こんにちは」って日本語で挨拶してきます
先日は、少しお立ち話しました
「日本のどこから来たんですか?」
「東京です」
「今度はいつ日本に帰りますか?」
「1月に帰ったばかりなんですよ」
「私は去年2回日本へ行きました。 大阪と福岡です」
いま、裏の家主は北海道旅行している最中だし、近所に日本通が集まっています ・・・・ 偶然ですけど

家に引く電線ですが、我が家の両隣の電線は、 ・・・・ ワイヤーに電線2本を巻き付けています
そのほうが風で揺れるのを防いでくれるし、木の枝に引っかかっても断線しにくくなります
写真の下から4本目の電線です
でも我が家の電線は下から2本目と3本目で、電線がそのまま2本引かれています
SnapCrab_NoName_2024-2-20_10-14-37_No-00.jpg
我が家の電線は、もう15年経過しています
銅線自体は極太だから問題ないんですが、プラスチックのコートが紫外線で劣化してきます
電気技師さんに見てもらったら、あと5年は大丈夫と言いますが ・・・・ 本当かな~?
もし何かあった時、電気技師さんは大工さんほど多くないので、すぐ来てくれる保証はありません
来てくれるまで、2,3日停電状態はかなり堪えます
なので、 ・・・・ 転ばぬ先の杖、備えあれば患いなし
「隣の家のように、ワイヤーに電線を巻くような形にしてください」
「電線は今のを使う? それとも新しい電線に交換する?」
「交換してください」
電気が来るルートですが

電柱 ⇒ 電線 ⇒ メーター ⇒ ブレーカー ⇒ 電線 ⇒ 家
赤字の部分はメラルコと言う電力会社の責任部分、ブレーカーら先の青地の部分
はユーザーの負担になります
ブレーカーボックスから出て電柱に登らせる金属カバーが腐食して穴が開いていました
これだと、ここから雨水が入ってブレーカーボックスも錆びてしまいます
SnapCrab_NoName_2024-2-20_10-13-42_No-00.jpg
更に電線を電柱に沿って登らせる金属パイプも、御覧のように錆びだらけ (真ん中のパイプ)
なので、金属パイプも含めてブレーカーボックスから先は全て交換することにしました
SnapCrab_NoName_2024-2-20_10-14-5_No-00.jpg
費用は、工賃・材料費含めて21,000円
フィリピンは何でもかんでも劣化が早いので、メンテナンスにお金が掛かります
でも、フィリピンの一般家庭では、トラブルが発生してから初めて修理に取り掛かります
我が家のように、トラブルが起こる前にメンテナンスをするのは、無駄な費用のように感じますが
トラブルが起こってからの修理だと、余計に費用が掛かるんじゃないかと思っています
因みに電気工事中は停電しますが、我が家は予備電力としてソーラーパネルを設置しています
電気は車のバッテリーに蓄電し、インバーターで220Vに変換しています
冷蔵庫のような大電力は賄えませんが、PCやWi-Fiルーターくらいなら問題なく使えます
SnapCrab_NoName_2024-2-20_10-14-48_No-00.jpg
こうして、たま~に役に立っています 笑

古い電線を指さして「これ貰っていい?」
「いいよ、あげる」と言ったら
嬉しそうに持っていきました ・・・・ 売るのかな?


フィリピンブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

 おはようございます。
タガイタイは別荘地なので、ご近所さんは富裕層ばかりですね。
富裕層同士で、話が合いますねぇ~。 
泥棒も少ないでしょう。・・・ ワンコ達のガードが大きいですね。🐕

フィリピンの放電感電

流石Tomyさん、トラブってからバタバタするより正解ですよね

ところで、フィリピンでの家電の感電に関する面白い記事を見つけました
これは漏電による感電ではありませんね?たぶん....
帯電物体の移動により金属筐体内部に生じる静電誘導電圧と思います
私は、ほぼ全ての家電で経験していますが、電気を通しやすい体質でしょうか?
 → //dial11.com/macbook_earth/ 

日本の家庭用AC電源配線はL(Hot)側とN(ニュートラル接地)側がありますので、
家電筐体の静電誘導電圧はグランドに逃げているので人が触っても感電しません

ところがメラルコの家庭配電方式は2本共にグランドから浮いて接地されていません
従って家電の金属筐体には静電誘導電圧が発生し、人が筐体に触れると放電感電します
勝手に一方を接地接続しては駄目ですよ!危険です!
フィリピンのコンセントにもLN極性表示がありますが意味は無いですね

静電誘導電圧は漏電とは異なり、家電の内部電気回路と金属筐体が直接に電気接続されていなくとも発生します
何故なら筐体と電気回路基板の間には目に見えない静電容量が存在しているのでコンデンサで繋いでいるのと同じ状態です
そしてコンデンサは交流を通しますので、筐体は接地されていなければ帯電します
これが嫌であれば、接地するしかありませんね

ただし家電の帯電は製品の誤動作や寿命を短くするので、これがフィリピンでの家電の寿命が短くなる原因の1つではないでしょうか?

Re.

>Jo59635561さん、おはようございます
タガイタイは富裕層ばかりってわけでもないんでしょうが
周辺の町と比べると、その比率は段違いです
一番いいのは、スラム街がないので物乞いも超少ないです
たまにいますが、タガイタイの住民ではなく周辺から来た
アルバイト的感覚ですね
凄いのは、サブディビジョンに入ってきた泥棒を見つけると
警備員は射殺しちゃうんですよ! ・・・・ だから、泥棒も命がけです

Re.

>チビさん、おはようございます
仰っていること、良く分かります
実は2番目の写真で、一番下の電線はアース用の電線でした
つまり、我が家には3本の電線が届いていたんです
でも今回、電気技師さんが「これはいらないから」と言って
アース用電線を取ってしまいました 笑
家の中のコンセントにつながる配線を見ても
3本あるところと、2本しかないところ、 ・・・・ バラバラです
なんか、統一されてませんよね~
以前、車庫の照明がつかなくなりました
電気屋さんに見てもらったら、車庫の壁のスイッチの中にアリさんが巣を作ったんだろうと言います
スイッチを、ムギューっと何回か押し付けたら ・・・・ つきました!
でもそれからは、スイッチを切ってもぼんやりと明るくなってます
昼間は分からなかったんですが、夜になって気が付きました
これって漏電だよな~ って思いながら、ほっぽっています 笑

おはようございます
危険予知と対策サスガですねー そこまで気がまわりません😅😅😅 
配管の写真を見ると錆と腐食が酷いですね 製品の品質が悪いとは言え15年で そこまで行きますかねー タガイタイ特有の火山灰(酸性)の影響が多少有るのでは・・・ と想像します 雨が降って火山灰が溜まる場所が影響を受けやすいとか・・・

Re.

>km2cさん、こんにちは
コロナ直前のタール火山の影響は大きいでしょうね
日本で買ってきた、ステンレスの郵便受けも1番で真っ赤に錆びました
電柱の鉄管ですが、錆びは表面だけでなく穴まで開いちゃうんですよ
鉄の質も悪いんでしょうね~
水道管なら錆びないかと思ったけど、少しマシな程度でした
近所の噴火の直前に完成した家ですが
塀の鉄柵は塗装してあるにもかかわらず、もう錆びだらけです 笑
あの噴火の後、近所ではステンレスの柵が流行してます

電気工事者の資格?

トミーさんの家は、確か変圧トランスを使わず110vコンセント電圧を作っていたかと思いましたが、これは接地線を利用して作っているかと思うのですが?
電柱からの接地線を外して問題ないのかなあ?判らんけど.....

メラルコの電気工事者は正規の勉強して資格持っているだろけど、屋内配線の工事担当はどうなんでしょうね?
フィリピンはPEC(Philippines Electric Code)にて電気配線の色や接地、配線工事等を細かく指定されている理解ですが?守っているのかなあ?

私は一時期屋内配線に疑問持って色々調べた時期がありました
下記ユーチューブの一連の記事がわかりやすいです
改造は自己責任で!
  //youtu.be/ux-wqjfyWMY?si=kTFgttESwTJtM856 
  //youtu.be/x_Y-R7aj7Vg?si=xALkw7WDjQRZCxA5 (110vコンセントの作り方)

最近の新しい建物は漏電ブレーカー付サーキットブレーカーを使っていますが
古い建物はサーキットブレーカーのみなので漏電を検知出来ないようですね

Re.電気工事者の資格?

>チビさん、こんにちは
よく覚えていますね~
以前書いたブログ記事の内容ですね
我が家の前の持ち主ですが、夫婦で米軍スービック基地に勤めていました
奥さんは女医、旦那は整備士だったと言ってました
そのせいか、屋内にはアメリカ製の家電がたくさんありました
コンセントが2口あっても、上が220V、下が110V とかになっていました
でもこちらは間違えて刺してしまうので、2年くらい経ったころに
全て220Vにしてもらいました
仰るように変圧器を使わないで110Vにしていました
どうやって220Vに戻すのかと思ったら、別々のコードを2本寄り併せるだけ
お陰で、110Vのコンセント口の半分くらいは、電気が通らなくなりました
電気の事は素人で良く分からない世界、とても不思議でした
YouTube チンプンカンプンでした 苦笑

こんばんは
ほっぽっている車庫照明は漏電か電球かスイッチか原因が分かりませんが 気が向いたら修理してください  気になってしまいました😨😨😨 

自分で確認される場合は
1最初に電球交換してみる
2ブレーカーを切って→スイッチのネジを外して中のボックス内を確認する(蟻の巣?を取り除く)電線の銅線部分がボックスに接触してないか異常を確認してください
3それでも異常無かったら専門家に任せましょう

もし 漏電なら危ないと思うので・・・・

No title

 こんばんは。
家も電気もメンテナンスって大事ですね。
海の近く、温泉・火山の近くって特に傷みやすいのかな。
鉄が錆びたりプラスチックが硬化したりするのが早いような気がします。

我が家のガスコンロが壊れて食事の支度ができません。
フィリピン庶民と同じで壊れてからでないと動かない自分が悪いのですが。

Re.

>km2cさん、おはようございます
そうか~、専門家は気になるんですね
私は非専門家なので、ちっとも気になりませんでした
電線の交換の時にやってもらえばよかったですね
そこまで頭が回りませんでした
自分でやるにしても、電球がポワッと明るくなる程度なので
昼間では確認できません
そうなると、夜の作業になりそう・・・・
いや、昼間やって、夜に確認でいいか!

Re.

>もちや喜作さん、おはようございます
日本の製品は、そう簡単には壊れないのが大前提です
でもフィリピンのものは、壊れるのが大前提
いつの間にかそう考えるようになりました
だからガスコンロでもなんでも、日頃のメンテとチェックが大切ですね~
ガスコンロくらいなら、買いに行けばすぐに交換できますが・・・・