タール火山の噴火、その3

 噴火から3日目
お昼前に、マニラ日本大使館から電話がかかってきました
電話に出たとたん、
「良かった~、やっと電話に出てくれて、他の方は殆ど電話に出てくれなかったんです」
「あ~そうですね、ここも携帯が使えるようになったのは、ついさっきですから」
「状況は如何ですか? 出来ればマニラ等へ避難してほしいんですが・・・そこは14km以内ですから」
「いまはタンクの水もあるし、あと3日は耐えられそうですが、明後日判断します」
「マニラのホテルの状況は如何ですか?」
「安いホテルは、ほぼ満室ですね」
そしてご丁寧に夕方、状況報告のお礼のお電話まで頂きました

Mapで見たら、火山から15kmだと思っていましたが、どうやら14km以内のようです
Cut2020_0117_1925_34.jpg
タール火山は、タール湖に浮かんでいます
今回爆発したのは、右奥の火山です
Cut2020_0118_0632_22.jpg 
この火山にはクレーターがあって、直径1kmほどの湖になっています
噴火でこのクレーター湖が吹き上げられて、「雨と灰が降って来てる」と言う状況でした
噴火当日、道路はビチャビチャになりました
タール火山は噴火を繰り返すので、実は居住禁止地域になっています
ところがタール火山の観光名所になっているので、タリサイと言う町が形成されているほどです
今回は噴火の前兆があったので、2時間前から人の避難が始まりました ・・・人的被害はなかったそうです
ところが取り残された、馬、牛、犬、鶏   全滅したんだろうなと噂されていました
Cut2020_0117_1928_41.jpg
しかし、噴火から3日目・4日目に救助が始まりました
Cut2020_0117_1929_29.jpg

Cut2020_0118_0630_44.jpg 
もちろん助からなかった家畜も居ますが、一部だけで済んだそうです
Cut2020_0118_0631_33.jpg 
噴火後、タリサイなど3つの地域が避難勧告されていて、避難民は1万5千人と言われていましたが
日に日に拡大されて、噴火から4日目の15日には強制避難者が4万5千人に膨れ上がっています

火山噴火から4日目
ミーちゃんとダイちゃんは、テレビも見れず、スマホでも遊べず、暇を持て余しています
可愛そうなので、遊んであげました
持ってきたのは、工作の絵本
Cut2020_0118_0805_42.jpg 
この中から、「コロコロ車、紙鉄砲、風車」などを一緒に作ったら ・・・・ 大喜び!
ベイブレードとか、高い買い物はいらないな~なんて思いました
Cut2020_0118_0805_02.jpg 
Cut2020_0118_0805_55.jpg 

フィリピンブログ村  子育て
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

タール火山を世界一小さい火山と喧伝されそう信じている方が多いのです
大昔6000m級の火山に大噴火が起き直径30kmの外輪山が残った。
震源の深さ1km以内のの地震が多発し、タール湖の水位が下がり、川の水が干上がり、爆発的噴火が予想されている
こんな危険な外輪山の縁に幼い子供とともに貴殿はお住まいです

No title

 Tomyさん・お早う御座います。

現在我が家には、タール湖畔の町(タリサイ)からの避難家族18人が、
避難生活を、行って居ります。又対岸の町の親戚から、養豚の仕事を、
行っているのですが、親豚が10頭と、子豚達全てが、死亡したそうです。
与える水が無く、先行きを考え、悲しさと、不安に、泣いていたそうです。
 哀しいですね、これから先ですが、お気を付け、下さいませ、m(_ _)m

Re.

>DON@StaRosaさん、おはようございます
大昔、阿蘇山も箱根も富士山より高い山だったんですよね
でもタガイタイは大丈夫ってみんなが言うので、調べもせずに大丈夫なんだと思っていました
噴火の経験が無いので、今がどれくらいの危険度なのかも良く分かっていません
木曜日までに電気と水が出なかったらマニラへ避難しようと思っていたのですが
丁度その頃復旧したので、何となく居座っています
でもいつでも避難できるように、貴重品だけはバッグにまとめたし避難経路も決めています
このまま収束してくれればいいんですが・・・

Re.

>ダニエルさん、おはようございます
大家族が、大大家族になっていますね 笑
昨日タール火山を見たら、全く噴煙が上がっていませんでした
クレーターの水が全て蒸発しちゃったのか、それともエネルギーを貯めこんでいるのか・・・
でも今朝はまた大きくは無いんですが噴煙が上がっています
そして、毎朝風の吹く方向を確認しています
訓佳の翌日からはずっと北風でしたが、今日は北東からの風ですし、風も弱いですね
また南風が吹かないように、神様にお願いしました
きょうは、屋根に積もった灰の掃除をしてもらってます

No title

フィリピンも地震や台風など最近は災害が多いですね。
トミーさんに何事もありませんように、
今は無事をお祈りします。

災害時

 こんにちは
「工作の絵本」は、便利ですね。
これを参考にして、多少は変化させて作りましたね。

何も無ければ、有る物でそれなりに遊びます。
ナイフ一本持って森に行けば、色々と工夫して遊べますよ。

災害の悲劇を、親子の触れ合いで癒して下さい。

Re.

>タッキーさん、こんにちは
地震や台風は予測内でしたが、まさか火山噴火に遭遇するとは・・・思っても見ませんでした
家を探すときに、みんな大丈夫と言っていたので、そう信じ込んでいました 苦笑

Re.災害時

>jo59635561 さん、こんにちは
日本から持ってきた図鑑のシリーズで、こっちはすっかり忘れていたのに
ミーちゃんとダイちゃんが引っ張り出してきて、最初は自分たちで作っていました
でも思うようにいかなくて、ヘルプを求めてきたんです
一度やりだすと火がついて、こちらも完璧なものを作りたくなります

Tomy さん、こんばんは。
お子たちのささやかながらも、ほのぼのとする遊び、よかったですね。
やはり避難するとしたらマニラですか。確かにインフラ的にはなんでもありますもんね。Youtubeで見たら、サンタローサ界隈も結構な降灰でした。一日も早い復旧を祈っています。

Re.

>ヌバリのバボイさん、こんばんは
こちらには工作図鑑みたいなものは見たことないですね
最初は手出ししないで、何でうまくできないか考えてみよう!  と言う指導方針でした
それぞれ何個か作ったら、友達にあげるんだと張り切っています
こちらのスクールは、工作で飾りみたいなのは作りますが、工作っぽいのは無いので楽しんでました
私の家からだと逃げるとしたら北(マニラ方面)か、西(海岸のリゾート)になります
双子ちゃんは海の方が喜びますね 笑

No title

Tomyさんの家は避難区域に入っていたんですね。
子供たちの事も考えて避難準備をしてください。安全第一ですよ。
マヨン山も怪しげな動きをしているらしいですから。

日本の懐かしい手作り遊びが役に立ちますね。
パンコ(めんこ)やかっちん玉(ビー玉)などの昔の遊びを教えるのもいいんじゃないかな。


No title

大使館の人電話確認してきたってことはブログ読んでくれてませんねー。
ぼくはTomyさん元気にしてることはブログで確認してますw
何もなくても工夫して遊ぶ、想像力豊かなのが子供のすごいところ。
することないから飲みに行こうかじゃなくてそういう子供の遊び心はずっと持っていたいです。

Re.

>もちや喜作さん、おはようございます
良く分からないんですけど、強制避難区域ではなく避難勧告区域みたいです
スカイランチやタール・ビスタホテルの辺りは、車は通れますが強制避難みたいで
道路沿いのマクドナルドなどはみんな閉店したままです
でも、1kmほど離れるとお店等もみんな営業を始めています
逃げる準備だけは、ちゃんとしています
双子ちゃんに迷惑かけたくないですから 笑
その時は海辺のリゾートホテルかな~?
そう言えば、メンコやビー玉は売っていますね
メンコの遊び方も、日本とほぼ同じです

Re.

>mango1919さん、おはようございます
そう言うけど、子供の遊び相手って疲れるんですよ~
〇っぱいちゃんの遊び相手も疲れると思いますが・・・ 笑
日本大使館からはHさんから3回電話が来ました
その時は、何かあったらここへ電話してくれと直通電話番号を教えてもらいました
その後、上司からも電話があって、直通も繋がりにくいことがあるから
何かあったら直接自分に電話してほしいと、スマホの番号を教えてきました
・・・・そうとう心配されているようです ゴメンナサイ